忍者ブログ
ウニクロの素敵プラグイン導入
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

civ4のレポでも書こうかと思ってたんですが
想像以上になっかなか終わらないwwwww
まだ350ターンも行ってないよ…。
和松堂です。





スパ・フランコルシャンというなんだか素敵な名前の
ベルギーGP…の前に

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1173208.html
http://blog.livedoor.jp/goldennews/archives/51142477.html
http://alsoku.blog47.fc2.com/blog-entry-236.html
http://himasoku123.blog61.fc2.com/blog-entry-338.html
http://apusoku.blog82.fc2.com/blog-entry-519.html

日本\(^o^)/オワタ
特に九州やべえ。
米の国で米食えねえとか…/(^o^)\


米はおいといて
スパ・フランコルシャン。
なんだか言いたくなるよねスパ・フランコルシャン。

例によって録画したのでSS大量(゚∀゚)
なんという高低差
スパ-フランコルシャンの俯瞰図。
もーのすごい高低差がわかるでしょうか。

おーるーじゅ      ら
前方に立ちはだかる
壁のような坂道が名物オールージュ。
これはこわい。

早速のオーバーテイク
さて、事故もなく無事にスタートを切ると
4位スタートだったライコネンがホイホイ順位を上げてきます。
ハミルトンのミスも手伝ってあっという間に1位へ。

負けんなピケ!
残り31週にてピケが単独でクラッシュ。
水たまりを踏んで滑ったらしい?

今年のホンダは辛いのう
さらに残り24週にしてバリチェロリタイア。
ギアが6速に入らなくなり、エンジン温存のためリタイアしたそうです。
報われない象耳ウィング。

もう少し雨が遅ければ…。
ほぼ同じペースで付かず離れず走り続けて来た2台ですが
残り5週にして雨が降り始めます。
ハードタイヤ(今履いているタイヤ)の調子が悪いライコネンは
雨の中どうても慎重なブレーキングにならざるを得ず、
追いつかれ並んだままシケインへ。

怒涛のラスト3周
ブレーキ慎重なライコネンは曲がりきりますが
ハミルトンは止まりきれずシケインをショートカット!
ショートカットしたほうが速いのは当然で、
ショートカット利用のオーバーテイクはペナルティの対象になります。

頭脳派というか狡猾というか
もちろんハミルトンもペナルティになることは把握しています。
ホームストレートに入るとちょっとだけライコネンを先に行かせ
すぐにスリップに入ると第一コーナーで再び逆転。
上手いというか強いというか狡猾いというか。

すべーるすべーる
雨はさらに激しくなり
ライコネンがオーバーラン。
2台ともズルズルです。

やめられないとまらない
今度はハミルトンがコースアウト。
再びライコネンがトップへ。
なんという波乱のレース。

大事な時に運がない
が!!
トップに立った途端にライコネンスピン。
ミハエルになれないのはこの辺の差でしょうか。
またしてもハミルトンがトップに。

持久戦負け
さらにロズベルグを挟んでの激しいバトルの後
オーバーランからコースに戻ろうとしたライコネンがスピン。
そのままゆるゆるとウォールにぶつかり勝負あり。

いやーおもしろかった。
今年でも1,2位を争うエキサイティングなレースでした。
しかしライコネンオワタ。ハミルトンハジマタ。

…と思っていたんですが!!!
レース後、ハミルトンの
ショートカット⇒ちょっと自重⇒オーバテイク
が問題視されタイムに25秒プラスされるというもう一波乱。
(SS7枚目~8枚目にかけて)

確かにショートカットを利用したと言えなくも無いけれども…
一応とはいえライコネンを先行させたんだし
このペナルティには納得できませんね。
ライコネンファンでアンチハミルトンではありますがさすがにこれは…
F1の裁定はマクラーレンに厳しいという噂がありますが
まったくもって事実の様です。

決勝順位 ドライバー 予選順位
1 F.マッサ 2
2 N.ハイドフェルド 5
3 L.ハミルトン 1
4 F.アロンソ 6
5 S.ベッテル 10
6 R.クビサ 8
7 S.ブルデー 9
8 M.ウェーバー 7
結局ハミルトンは3位転落。
黙々と3位を走っていたマッサが優勝に。
なんだかすっきりしない結果ですねぇ。

ハイドフェルドは最終ラップでなんと4台抜き。
雨天でのタイヤ交換がてき面でした。

地味にW入賞のトロロッソ勢が凄いです。
ブルデーはずっとハイドフェルドと争ってました。
いやぁ速いなぁ。

8位チェッカーはグロックが受けたんですが
黄旗無視ということで1つ繰り下げられて
9位のウェーバーと入れ替えになりました。

ちなみにカズキは14位。
ロズベルグ12位なので
まぁまぁ妥当なライン?

トータルのポイントは以下。
ドライバー ポイント
L.ハミルトン 76
F.マッサ 74
R.クビサ 58
K.ライコネン 57
マッサVSハミルトンで決定的になりました。
しかしクビサの安定感は凄いものがありますね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
和松堂が温存する
和松堂が温存するの?
BlogPetの茸ヶ街の和猫 URL 2008/09/10(Wed)13:30:26 編集
[311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301

<< ベッテルフィーバー HOME 2008秋 >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
和松堂
HP:
性別:
男性
うにくろ
最新記事
(03/27)
(12/17)
(11/27)
mini AQUA
発売日チェッカー
なうなうなう
ブログ内検索
著作権
©CAPCOM CO., LTD. 2007, 2009 ALL RIGHTS RESERVED.
和松堂本舗新館 コメ・フランコルシャン Produced by 和松堂 
忍者ブログ [PR]
Designed by がりんぺいろ